シスコCEOを退任するジョン・チェンバース氏にスタンティングオベーション。Cisco Live! 2015 San Diego

2015年6月10日

米シスコシステムズは、同社の年次イベント「Cisco Live! 2015 San Diego」を米サンディエゴで開催中です。

初日となる6月8日(現地時間)の基調講演に登壇したのは、来月でシスコシステムズのCEOを退任するジョン・チェンバース氏。チェンバース氏がシスコのCEOに着任したのは、インターネットの普及が始まろうとしていた20年前。チェンバース氏が率いるシスコは、当時から最大手のネットワーク機器ベンダとしてインターネットの普及に大きく貢献しました。ネットによって世界を変えた企業とそのCEOと言っていいでしょう。

基調講演が終わりに差しかかり、現在のシスコがいかに業界の中で強い地位を築いてきたか、という話題に触れたチェンバース氏が「この20年、シスコのリーダーとして、皆様のビジネスパートナーとして、とてもエンジョイしてきた、みなさんに感謝したい」とCEO退任について発言すると、聴衆は拍手と共に立ち上がり、スタンディングオベーションで応えました。

fig

拍手や口笛が響く中、チェンバース氏は笑みを浮かべながら何度も「サンキュー」と返します。

fig

続いてチェンバース氏は新しくCEOになる上級副社長のチャック・ロビンス(Chuck Robbins)氏をステージに迎え、これまでと比べてどのような違いを出していくのか? と訊ねます。

fig

ロビンス氏は、いかにイノベーションのペースを上げていくかが重要だと返答。より迅速に組織を動かすこと、優先順位を明確にすること、などを挙げた上で、いまのITは複雑すぎるため、もっとシンプルなものにしなければならないと、シンプル化も課題として挙げています。

fig

7月26日にチェンバース氏はCEOを退任し、ロビンス氏がCEOに就任。チェンバース氏は会長となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  Cisco


次の記事
Nutanixが新ハイパーコンバージド基盤の「Acropolis」と管理ツール「Prism」を発表。分散ストレージにイレイジャーコード、独自ハイパーパイザを無償提供

前の記事
ストレージ市場の2015年第1四半期シェア調査、トップはEMC。ストレージアレイは減少しサーバ内蔵型が成長。米IDC


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig