米SoftLayer、ベアメタルサーバを時間課金で申し込みから30分以内に提供すると発表

2014年8月29日

米SoftLayerは、同社のクラウドサービスで提供しているベアメタルサーバについて、時間ごとの課金を開始すると発表しました

SoftLayerは昨年IBMに買収されたIaaS型クラウドサービスを主に提供するクラウドベンダ。仮想マシンだけでなく、ベアメタルサーバを提供することが大きな特長の1つです。これまでベアメタルサーバは月額課金で提供してきましたが、1時間ごとの時間課金に対応し、しかも申し込んでから30分以内にベアメタルサーバがデプロイされるようになることが発表され、すでに対応を開始しています。

ベアメタルサーバは物理的に1台のマシンを利用者が占有できるため、仮想化のオーバーヘッドがない分、利用者が高い性能を効率よく利用できる点や、利用者自身が仮想化ハイパーバイザをインストールできる柔軟性などの利点があります。OpenStackやvSphereのように仮想環境そのものを管理するソフトウェアは、仮想サーバが提供される一般的なクラウドで試すことはできませんが、ベアメタルサーバなら試すことができます。

SoftLayerはこのベアメタルサーバの提供を大きな特長としており、時間課金と短時間での提供によってさらにこの特長を強力な差別化要因とするのが今回の発表の狙いでしょう。

ベアメタルサーバの料金は、最も安いXeon 1270/3.4GHz/4コア/8GBメモリ/2TB SATAストレージの構成で0.464ドル/時間(1時間当たり約50円)から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IaaS , SoftLayer


次の記事
「Amazon Zocalo」正式サービス開始、企業向けDropbox的なファイル共有サービス。本家Dropboxも同日にビジネス向けを1人1テラバイトへ拡張

前の記事
ネットワーク仮想化を実現するVXLANがIETFのRFC7348として公開

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig