複数クラウドのインスタンスの状況や課金状況を把握、予測できるダッシュボード「RightScale Cloud Analytics」がベータ公開

2014年3月20日

複数クラウドの管理ツールを提供しているRightScaleが、クラウドのコスト管理用ダッシュボード「RightScale Cloud Analytics」をベータ公開しました

ダッシュボード画面から複数のクラウドのインスタンスの状況と課金状況などを把握できます。上記の画面は緑のマーカーがAmazon EC2のインスタンス、青のマーカーはAmazon EC2の別のインスタンス、赤のマーカーはSoftLayerのインスタンスと、インスタンスごとの負荷や課金状況を示しています。

グラフをクリックするとドリルダウンにより詳細も見られるとのこと。

さらに、課金状況から来月の利用料金の予測、別のインスタンスやリザーブドインスタンスを利用した場合の課金予測などもできるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド



≫次の記事
AngularJS、次バージョンとなるAngularJS 2.0の開発がスタート
≪前の記事
クックパッドのデプロイとオートスケール、1日10回デプロイする大規模サイトの裏側(後編)。JAWS DAYS 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig