Google、新しいSDNベースのネットワーク仮想化基盤「Andromeda」をクラウドに投入。ネットワークの高速化を実現

2014年4月7日

Googleは同社のクラウドサービス「Google Cloud Platform」のネットワーク仮想化基盤として「Andromeda」(コード名)を、まず米国内の2つのゾーン「us-central1-b」と「europe-west1-a」に投入。クラウドのネットワークスループットが向上したことを、Google Cloud Platform Blogのエントリ「Enter the Andromeda zone - Google Cloud Platform’s latest networking stack」で明らかにしました。

Google Cloud Platform Blog: Enter the Andromeda zone - Google Cloud Platform’s latest networking stack

Andromeda導入でスループットが約2倍に

Andromedは、Software-Defined Networkingをベースにしたネットワーク仮想化基盤だと説明されています。

Andromeda is a Software Defined Networking (SDN)-based substrate for our network virtualization efforts. It is the orchestration point for provisioning, configuring, and managing virtual networks and in-network packet processing.

Andromedaとは、ネットワーク仮想化の取り組みに対するSoftware-Defined Networkingベースの基盤。これは仮想ネットワークのためのプロビジョニング、コンフィギュリング、管理とネットワーク内パケット処理のオーケストレーションポイントだ。
Enter the Andromeda zone - Google Cloud Platform’s latest networking stackから引用)

以下がAndromedaの概要です。左から、サーバのソフトウェアスイッチ、NIC、仮想マシンを束ねたトップオブラック、ファブリックスイッチ、ストレージのパケット処理、クラスタコントローラを一手に集中管理しているのがAndromedaコントローラとなっています。

fig

興味深いのは、ネットワークのエッジとなるソフトウェアスイッチやNICだけでなく、トップ・オブ・ラックやファブリックスイッチ、クラスタルータなどネットワーク全体を制御し、さらにストレージのパケットも処理しているというところです。恐らく経路の最適化なども含めて制御を行っているのでしょう。

Andromedaのゴールとして、ネットワークの物理的な性能をできるだけそのまま得つつ、ネットワークの機能はソフトウェアによって仮想化する、というもの。

Andromeda's goal is to expose the raw performance of the underlying network while simultaneously exposing network function virtualization (NFV).

Andromedaのゴールは、下位層のネットワーク性能を得つつ、同時にネットワーク機能の仮想化(NFV)をしてくことです。
Enter the Andromeda zone - Google Cloud Platform’s latest networking stackから引用)

このAndromeda投入によって、従来比でスループットが約2倍になったことが示されています。

fig

Andromedaはさらに改善を進めていく予定で、今後は低レイテンシ、堅牢なストレージ、NFVのAPI提供、仮想マシンのライブマイグレーションなども実現していくとのこと。

Andromedaについては、Open Networking Summit 2014の講演で詳しく紹介されています。YouTubeで講演内容を見ることができます

Andromedaは今後数カ月でほかのゾーンにも投入予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google Compute Engine , Software-Defined Network , クラウド



≫次の記事
SAPジャパン、東京と大阪に「SAP HANAクラウドデータセンター」開設を発表。インメモリで基幹業務に対応
≪前の記事
[PR]新野淳一氏xブロケード小宮崇博氏:SDNとSDSの関係は? IoT時代のインフラの要件を探る

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus