Amazon RDS for PostgreSQLが正式サービスへ。SLAで可用性99.95%を約束

2014年7月23日

Amazonクラウドは、昨年11月にベータ版として発表されたPostgreSQLデータベースのマネージ度サービス「Amazon RDS for PostgreSQL」を正式サービスにすることを明らかにしました

Amazon RDS PostgreSQL Update - Service Level Agreement and General Availability

Amazon RDS for PostgreSQLは、データベースのバックアップやレプリケーション、アップグレード、ストレージ管理といった運用をすべてクラウド側で行ってくれるマネージドサービス。

ユーザーは運用に手間をかけることなくデータベースを利用できます。

正式サービスにより、SLAも99.95%と設定されました。ブログ「Amazon RDS PostgreSQL Update - Service Level Agreement and General Availability」から引用します。

The SLA provides for 99.95% availability for Multi-AZ database instances on a monthly basis. If availability falls below 99.95% for a Multi-AZ database instance (which is a maximum of 22 minutes of unavailability for each database instance per month), you will be eligible to receive service credits.

SLAはマルチアベイラビリティゾーンのデータベースインスタンスで月間99.95%の可用性を提供する。もしマルチアベイラビリティゾーンでのデータベースインスタンスの可用性が99.95%を下回った場合(つまり月間でそれぞれのデータベースインスタンスが最大22分を超えて利用不可能だった場合)、サービスクレジットを受け取れる。

Amazon RDS for PostgreSQLはストレージ性能を指定できる「プロビジョンドIOPSストレージ」を利用可能で、この場合最大3テラバイト、3万IOPSまで拡張可能です。

fig昨年のイベントre:Inventで発表されたときのスライド

Amazon RDSにはすでにMySQL、Oracle、SQL Serverがマネージドサービスとして提供されており、PostgreSQLはそれに続くものとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , DBaaS , PostgreSQL , リレーショナルデータベース


次の記事
欧SAPがCloud FoundryとOpenStackに参加、それぞれのスポンサーに

前の記事
IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2014年版 ~ パッケージベンダ、SIer、ホスティング企業編

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig