200Gbsのイーサネットは2016年から2017年頃登場。メラノックスがロードマップを説明

2014年1月15日

InfiniBandやイーサネットのチップ、アダプタカード、スイッチなどの分野で主要なベンダの1つであるメラノックステクノロジーズの会長兼CEOのEyal Waldman氏が来日。今後の同社におけるInfiniBandとイーサネットのロードマップを説明しました。

イーサネットはデータセンターやオフィスにおけるLANの媒体として広く使われており、InfiniBandは特に小さなレイテンシと幅広い帯域が要求されるハイパフォーマンスコンピューティングやサーバとストレージとの接続などに使われています。

どちらも現在は40Gbsから100Gbsへと高速化が進んでいる状況ですが、Waldman氏は2016年から2017年にかけて200Gbsの製品が登場すると同社のロードマップを説明しました。

fig

同社は2013年5月にKoturaを、6月にIPTを買収していますが、それは100Gbsネットワークのデプロイを現在普及している10Gbsネットワーク並に簡単にするためのものだとWaldman氏。

fig

今後同社が注力する分野としてストレージのネットワークを挙げています。特に今後広く普及することが予想されるフラッシュストレージでは、その性能を活かすためにネットワークにも低レイテンシが重要になってくるため、InfiniBandの活用が広がると同社では見ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : InfiniBand , イーサネット , ネットワーク



≫次の記事
GithubがWebデザインツールのEaselを買収。WebデザインもGithubに取り込みか?
≪前の記事
Dropboxが2日以上ダウン。原因はメンテナンス用スクリプトのミス

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig