Windowsフォームの業務アプリをタッチ対応にする「MultiTouch for Windows Forms 1.0J」、グレープシティ

2013年7月31日

Windows 8はタッチ対応となり、また企業でもタブレットなどタッチ対応機器の普及も始まった中で、業務アプリケーションにおいてもタッチ対応が望まれるようになってきています。

しかし従来のWindowsアプリケーションとして開発された業務アプリケーションをタッチ対応にするには、操作画面の全面的な書き直しが必要になってしまうでしょう。

グレープシティが発表した「MultiTouch for Windows Forms 1.0J」は、こうした従来のWindowsフォームで開発された業務アプリケーションを、自動的にタッチ対応にするコンポーネントです。

MultiTouch for Windows Formsを用いると、画面フォームなどの大きさや位置などは変更せず、キーボードからの操作などは今まで通りできるうえに、ボタンが小さくて押しにくかったり、データが密集して並んでいるため正確なタッチが難しい画面ではピンチ操作で画面をズームしたり、ズームした画面でスワイプによるスクロールなどができるようになります。

fig

これにより、業務アプリケーションの従来の操作性はそのまま、タッチ対応のデバイスでも利用しやすくなります。

コンポーネントをドラッグ&ドロップするだけでタッチ対応に

MultiTouch for Windows Formsで業務アプリケーションをタッチ対応にするには、対象となるWindowsフォームズアプリケーションのプロジェクトをVisual Studioで開き、MultiTouch for Windows Formsのコントロールをドラッグ&ドロップして既存アプリケーションに追加するだけ。ソースコードの改変などは不要。

fig

もちろんタッチやペンで発生するイベントを検出して、タッチ専用やペン専用のカスタマイズをすることも可能。

発売は8月28日から、開発ライセンスは3万1500円/1台で、別途配布用のライタイムライセンスが必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Windows , グレープシティ , モバイル


次の記事
DIMMメモリスロットにフラッシュストレージを差す、「Memory Channel Storage」をDiablo Technologiesが発表

前の記事
オランダの金融当局が、金融機関のAmazonクラウド利用を承認


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig