ブラウザ間で動画や音声のリアルタイム通信を実現するWebRTCのバックエンドサービス「SkyWay」、開発者に無償提供。NTTコミュニケーションズ

2013年12月6日

Webブラウザからマイクやビデオカメラにアクセスし、相手のブラウザとピア・ツー・ピアで通信を行うことにより、プラグイン不要で容易にビデオチャットや音声チャットなどを実装できる「WebRTC」の仕様策定と実装が進んでいます。

NTTコミュニケーションズは、このWebRTCのコネクションの仲介をするバックエンドサーバ「SkyWay」、およびWebRTCを利用するためのJavaScriptライブラリのソースコードなどの提供開始を発表しました

SkyWay - WebRTCを簡単&柔軟に使えるプラットフォーム

SkyWayを利用することで、開発者は複雑な通信制御をまかせることができます。プレスリリースから引用します。

WebRTCでブラウザ間の直接通信を開始する前には、仲介サーバーを介して通信制御を行う必要があり、その開発にはネットワークに関する知識(セッション制御、NAT通過など)、サーバーの構築技術、サーバーおよびブラウザ双方のプログラミング技術が必要です。

「SkyWay」は、これらの仲介サーバーおよびそのWebAPIなどを提供することで、Web開発者が高度な知識の習得や環境の整備をすることなく、WebRTCを活用したアプリケーションを簡単に開発できるようにします。

仲介サーバは株式会社時雨堂の協力の下、Erlang/OTPで開発しており、APIの仕様は、オープンソース・ソフトウェアのPeerServerと互換性があると説明されています。

fig

フィールドトライアルとしてサーバやライブラリを無償公開

NTTコミュニケーションズは、開発者向けにフィールドトライアルとしてSkyWayの仲介サーバを無償で公開。さらにGithub上に関連するJavaScriptライブラリを公開しています

さらにGithub上にSkyWayの紹介サイトを開設し、SkyWay開発者向けドキュメントの公開などもしていくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , NTTコミュニケーションズ



≫次の記事
Web標準化の関係者たちが語る、標準化の現実と前進のための処方箋(前編)。HTML5 Conference 2013
≪前の記事
Excel方眼紙(ほうがんし)からWebアプリを生成する「Forguncy」(フォーガンシー)、グレープシティが発表。現場の担当者が業務アプリを作る、というトレンドは来るか?

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus