Sencha Touch、次バージョンでPhoneGap/Cordova採用へ

2013年9月18日

HTML5/CSS/JavaScriptのWebテクノロジーでモバイルアプリケーションを開発するフレームワーク「Sencha Touch」の開発元であるSenchaは、次のSencha TouchのバージョンからパッケージングツールとしてApache Cordovaを採用するとブログ「What’s Coming in Sencha Touch 2.3」で明らかにしました。

What's Coming in Sencha Touch 2.3 | Blog | Sencha

さらにApache Cordovaの商用版で、クラウド上でアプリケーションをビルドするアドビのサービス「Adobe PhoneGap Build」も、Senchaコマンドから呼び出せるようにするとのこと。

これでSencha Touchを利用するデベロッパーは、PhoneGap/Cordovaが対応するモバイルデバイスの多くのネイティブ機能をSencha Touchから呼び出すことができるようになります。ブログから引用します。

Sencha Touch 2.3 supports Apache Cordova APIs for Accelerometer, Camera, Capture, Compass, Connection, Contacts, Device, Events, File, Geolocation, Globalization, InAppBrowser, Media, Notification, Splashscreen, and Storage. The Cordova API features will appear in the Sencha Touch Ext.device..Cordova namespaces.

PhoneGap/Cordovaはすでに多くのWebテクノロジーベースのフレームワークで、デバイスのネイティブ機能を呼び出すフレームワークとビルドツールとして採用されています。メジャーなフレームワークの1つであるSencha TouchがPhoneGap/Cordovaをサポートしたことで、PhoneGap/Cordovaの事実上の標準化はさらに堅いものになったといえるでしょう。

XHR2にも対応

SenchaTouch 2.3ではCupertinoとMountain Viewという2つのテーマが追加され、 XMLHTTPRequest Level 2 (XHR2) にも対応したとのことです。

fig

追記(9/18 15:00) 正確にはSencha Cmd 4.xでPhoneGap/Cordovaを採用する、ということのようです。情報ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , JavaScript , Sencha , モバイル , 開発ツール



≫次の記事
Dropboxは全部Pythonで信頼性の高いソフトウェアを作った(前編)~PyCon APAC 2013
≪前の記事
モバイルアプリケーションはクラウドの延長にあると考えるべき。セールスフォース・ドットコムにクラウド時代のモバイルアプリ開発を聞いた

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus