OpenStack8番目のメジャーバージョンアップ「OpenStack Havana」リリース

2013年10月18日

オープンソースとして開発されているクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の8番目のメジャーバージョンアップとなる「OpenStack Havana」がリリースされました

OpenStack Havana Release » OpenStack Open Source Cloud Computing Software

OpenStackは6カ月ごとにメジャーバージョンアップが行われており、各バージョンにはアルファベット順のコードネームが付いています。これまで「Austin」「Bexar」「Cactus」「Diablo」「Essex」「Folsom」ときて、1つ前の7番目が「Grizzly」、今回が「Havana」です。

主な新機能はオーケストレーションと課金

Havanaでの主な追加機能は、コアコンポーネントに新しくオーケストレーション機能を行う「OpenStack Orchestration」(コードネーム:Heat)と、課金用の使用量計測(メータリング)を行う「OpenStack Metering」(コードネーム:Ceilometer)の2つです。

OpenStack Orchestration(Heatは)、インスタンスのオーケストレーション機能を提供し、アプリケーションのデプロイを容易にします。AWS CloudFormation APIと互換で、あらかじめよく使われるPuppet、WordPressなどいくつかのテンプレートが用意されているようです。もちろんテンプレートは自作できます。

OpenStack Metering(Ceilometer)は課金のためにリソースがどれだけ消費されたのかを計測するための機能。CPUやメモリ、ディスク、ネットワークやストレージのオブジェクト数、容量など、OpenStackのコンポーネントに渡って計測できます。

OpenStackは、IBMやHPが自社製品のクラウド基盤として採用、PayPalも自社のクラウド基盤をVMwareからOpenStackへ乗り換え、SaaSベンダーのコンカーもOpenStackの一部であるSwiftを採用するなど、クラウド基盤ソフトウェアとして注目度が高まりつつあります。Havanaの登場でさらに機能が充実し、商用クラウドサービスなどでの採用例も増えていくのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , OpenStack , オープンソース



≫次の記事
ソフトウェアエンジニアにもっとも高い給料を払っている企業はどこ? 米Glassdoorのレポートによると、Juniper、LinkedIn、Yahoo!がトップ3
≪前の記事
Northbound API開発のためワーキンググループ、Open Networking Foundationが発足

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig