マイクロソフト、クラウドモニタリングの「MetricsHub」買収。リッチなダッシュボードとオートスケーリングなど

2013年3月13日

米マイクロソフトはクラウドモニタリングの新興企業「MetricsHub」を買収すると発表しました

MetricsHubはWindows Azureに対応したダッシュボード機能を提供しており、ユーザーの課金状況、レスポンスタイム、アップタイムなどを含めたWindows Azureの利用状況がリアルタイムで分かりやすくされます。またあらかじめ設定しておいた負荷とスケールアップの最大数、最小数に応じて自動的にスケールアップ、スケールダウンする機能も提供しています。

fig

MetricsHubは現在プレリリースとして、無料で提供されています。

スタートアップ支援プログラムから買収へ

MetrixHubは、マイクロソフトのスタートアップ企業支援プログラムのMicrosoft Acceleratorに選定された企業でした。

マイクロソフトやアマゾンなどクラウド各社は、自社のクラウド上にエコシステムを構築するため積極的にスタートアップに対するコンテストや優待プログラムなどを実施しており、今回はそのひとつが買収という形で結実したわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 運用ツール / システム運用
タグ  Microsoft , Microsoft Azure


次の記事
AmazonクラウドがBeanstalkでNode.js提供開始。Node.jsは正式版1.0まであと一歩へ

前の記事
Amazonクラウド、仮想プライベート機能(VPC)を標準提供へ。エンタープライズ攻略に向けさらに前進

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig