オンプレミスのストレージでDropbox的機能を実現。EMCが企業向け「Syncplicity」で新機能

2013年1月29日

米EMCは、企業向けのDropboxともいえるクラウドサービス「Syncplicity」に、オンプレミスのストレージを利用可能にする新機能を追加、β公開しました

Syncplicityは昨年5月にEMCが買収したサービスで、DropboxやSugarSyncのようにPCのフォルダとクラウドのストレージを自動的に同期することができ、クラウド上のファイルはiPadやiPhoneのような社外のモバイルデバイスからも参照可能です。

fig

同期されたファイルはこれまでSyncplicityのクラウドストレージに格納されていましたが、今回発表された新機能では、企業のオンプレミスのストレージ、具体的にはEMCのスケールアウトNASであるiSilonやオブジェクトストレージのAtmosを格納対象にすることが可能になります。

企業の情報部門は、社外とのファイル共有機能やモバイル対応を実現しつつ、情報の管理を社内の設備のみで行うことができる点が利点となります。

一方で利用者も社内の高速な回線を使ってPCのファイルを同期できるようになるため、より快適に利用できるとともに、仕事で重要なファイルはつねに自動的に同期をとっておくことにより自分でいちいちバックアップをとらなくても済むようになり、PCが故障などを起こした場合でもすぐに必要なファイルを取得することができるようになります。

企業向けDropboxは他社

企業向けのDropbox的機能は、EMCのSyncplicity以外にも、VMwareの「Project Octopus」や、シトリックスのSharefile、セールスフォース・ドットコムのChatterboxなどが登場してきています。コンシューマ向けサービスとして始まったDropboxも、チーム向けのサービスを開始しています。

どのファイル同期サービスも基本的には同期されたファイルはクラウド上のストレージに保存されます。今回のEMCが提供するオンプレミスストレージへの保存機能は、昨年買収したときから想定されていたはずで、ストレージベンダのソフトウェアソリューションならではといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , ストレージ



≫次の記事
シーゲイトがPCIe接続のサーバサイドフラッシュに参入。Viridentとの戦略提携で
≪前の記事
書評:上司や取引先にアジャイルを理解してもらうために贈る「アジャイル開発とスクラム」

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus