DevOpsの大事なことは、だいたい原点に書いてある(前編)~ Developers Summit 2013 Summer

2013年8月6日

夏に行われるデブサミ、「Developers Summit 2013 Summer」が、8月1日に開催されました。テーマはエンタープライズに向けたDevOps。

僕は基調講演に登壇せよとご指名いただいきました。基調講演の役割とは、このあとに続くDevOps関連のさまざまなセッションの前座として、DevOpsの原点をもう一度振り返って観客のみなさんと共有した上で、それをエンタープライズに展開したときにどんな課題がありそうなのか、という問題提起をすることだと考えました。

問題意識を喚起した上で個別のセッションに参加することで、各セッションの意義がより高まるはずです。これを軸に講演の内容を構成しました。

そんなわけで、基調講演のダイジェストを紹介しましょう。

DevOpsの原点と広がり

Publickeyの新野と申します。Publickeyというブログを中心に、オンラインメディアや雑誌などへの寄稿などもしています。ちなみに、このセッションは写真撮影など自由にしていただいてかまいません。

fig

日本でDevOpsが盛り上がってきています。今日のデブサミは1000人以上の申し込みがあったそうですし、来月は日本で2回目のDevOps Dayの開催が予定されると聞いています。

振り返ってみると、日本でDevOpsの話題が出始めたのは2010年頃、僕がPublickeyで最初にDevOpsの記事を書いたのが2011年でした。昨年、2012年にはDevOpsのイベントも日本で開催されました。

fig

DevOpsの原点とされているのは、2009年にオライリーが行った、高速なWebサイトを作るにはどうしたらいいかということをテーマにした「Velocity」というイベントで行われたジョンさんとポールさんのセッション「10 deploys per day dev & ops cooperation at Flickr」でした。

このセッションでFlickrは1日に10回もデプロイしている、ということが話題となりましたが、これに刺激を受けたパトリックさんという方が、同じ2009年の10月にベルギーのヘントでDevOpsをテーマにした初めてのイベント、「Devopsdays Ghent 2009」を開催しました。

fig

このDevOps Daysが翌年の2010年にはシドニー、マウンテンビュー、ハンブルグなどでも開催され、2011年にはメルボルン、バンガロールなど、そして2012年には東京にもやってきました。

fig

こうしてDevOpsが広まっていくわけですが、最初のイベントを開催した2週間後に、パトリックさんは「開発と運用が協力するなんてばかげている」と相手にされなかった自分の考えが、ようやく浸透してきたとブログで振り返っています

fig

大事なことはだいたい書いてある

さて、こうして広まったDevOpsですが、そのDevOpsで大事なことは、原点となったセッションのスライド「10 deploys per day dev & ops cooperation at Flickr」にだいたい全部書いてあるんですね。このスライドは公開されているので、ぜひみなさんも見てみてください。

ここではその原点をもういちど振り返ってみたいのですが、全部でスライドが80枚くらいあるので全部見ていると時間が足りません。そこで、3枚にまとめてみました。

まず、これが表紙です。

fig

1枚目。ビジネスは変化を求めてくる、ということです。競合よりもよい製品を、より速く作る、といったことを実現するには変化が必要となりますから当然ですよね。

逆にみると、変化が必要とされていないビジネスについてはDevOpsを考える必要がない、ともいえると思います。

その変化に対するリスクを低くするために、ツールとカルチャーを使うわけです。よく「動いているシステムには触るな」という格言がIT業界で使われますが、ビジネスの変化に対応するにはシステムも変化させていかなくてはならない。するとどうしてもそこにリスクが発生します。

そのリスクを低減するために、ツールとカルチャーを使う。どちらか片方だけではなく、両方を使うことがDevOpsのポイントだと思います。

fig

で、これがカルチャーです。開発チーム(Dev)と運用チーム(Ops)は仲良くしましょうと。

fig

そしてこれがツール。スライドではもっとたくさん並べられているのですが、ここでは大事な3つを抜き出しました。

1つ目は自動化されたインフラです。つまりクラウドや、ChefやPuppetによるインフラ自動化ツールなど。2つ目はソースコードのバージョン管理です。Gitなどですね。そして3つ目はビルドツールとデプロイツール。Jenkinsなどが該当すると思います。

fig

カルチャーとこうしたツールを組み合わせることで、DevOpsでは変化に対するリスクを下げていくことを実現していくということです。

≫後編では、DevOpsをエンタープライズで用いる際の課題などについて。「DevOpsの大事なことは、だいたい原点に書いてある(後編)~ Developers Summit 2013 Summer」に続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : DevOps



≫次の記事
DevOpsの大事なことは、だいたい原点に書いてある(後編)~ Developers Summit 2013 Summer
≪前の記事
Treasure Dataのサービスはクラウド上でどう構築されているのか(後編)~July Tech Festa 2013

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus