Amazonクラウド、244GBメモリ+Xeon16コアの大規模インスタンスでMySQL対応開始。最大2100IOPS性能

2013年9月5日

Amazonクラウドで提供されているデータベースサービスの「Amazon RDS」に、これまでよりさらに大規模な性能を提供する新インスタンス (db.cr1.8xlarge)が登場しました

Amazon RDS Supports New High Memory Instance with 244GB memory and 88 ECUs of compute capacity

この新インスタンスは、244GBメモリと2基の8コアXeon E5-2670プロセッサ(88ECU相当)で、10ギガビットイーサネットによる広帯域ネットワークに接続されています。

Amazonによると新インスタンスの性能は最大で21000 IOPS(1秒あたり2万1000回のI/O処理)を実現するとのこと。これまでの最大インスタンスで実現していた12500 IOPSを大きく上回ります。

Amazon RDSはMySQL、Oracle Database、SQL Serverの3つのデータベースのマネージドサービスで、バックアップやパッチの適応、フェイルオーバーなどの運用を自動的に行うことが可能。今回新しく登場したインスタンスでは現在のところMySQLに対応。

新インスタンスはすでに米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、EU(アイルランド)、アジアパシフィック(東京)のリージョンで利用可能になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS , MySQL


次の記事
シャーディングを実現するSpiderストレージエンジン、MariaDBがバンドル開始

前の記事
クラウド専業のテラスカイとサーバーワークスが提携した理由は、先行者利益の喪失と人材採用への危機感

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig