国内のパブリッククラウド/プライベートクラウド市場は5100億円、17年度には2兆円超え。MM総研

2013年8月29日

ユーザー調査をもとにしたパブリッククラウドとプライベートクラウドの市場は、全体で2012年度に5102億円、5年後の2017年度には2兆411億円に達するとの予想を調査会社のMM総研が発表しました

fig MM総研の発表資料より引用

グラフからは、クラウド市場のうちプライベートクラウドが全体の6割7から割程度を占めており、またパブリッククラウド市場ではIaaS/PaaSが徐々に占有率を高めていくことが読み取れます。

運用コスト削減が理由のトップ

パブリッククラウドの導入検討を行っているユーザーの導入目的で上位の回答は、「既存システムの運用コストを下げるため」「システム運用負担を軽減するため」「安価に新規システムを構築するため」とコスト関連が集中しています。

また、利用もしくは検討しているパブリッククラウドの事業者は「Amazon」が19.1%で最多。Google、NTTコミュニケーションズ、マイクロソフト、富士通がそれに続きました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : 調査結果



≫次の記事
iOS/AndroidアプリをJavaScriptで開発、OpenGL対応で高速描画の「Herlock」、クローズドβリリース
≪前の記事
連載マンガ Mr. Admin:スイッチングハブは、あったかい

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig