Windows Azure、クラウド内ネットワークを1ギガから10ギガへ高速化し構造も刷新した第二世代ハードウェアを全データセンターに構築

2012年11月7日

マイクロソフトは、Windows Azureの全データセンターに対して新世代のハードウェアとなる「Flat Network Storage」を構築。ストレージの能力向上につなげたことをWindows Azureブログ「Windows Azure’s Flat Network Storage and 2012 Scalability Targets」で説明しています。

Windows Azure’s Flat Network Storage and 2012 Scalability Targets - Windows Azure - Site Home - MSDN Blogs

説明によると、データセンター内のこれまでのネットワークは1Gbpsのイーサネットで階層型のトポロジーでしたが、これを10Gbpsのイーサネットにし、フラットなトポロジーのネットワークにすることでノード間のトラフィックが効率よく行き来できるようにしています。これによってコンピュートとストレージの接続が高速になり、今年投入が開始されたVM Roleが可能になっただけでなく、MapReduceやHPCといった帯域幅を多く必要とするアプリケーションの実現にも役だったとのことでした。

マイクロソフトはこの新しいハードウェア構成を第二世代のストレージ(Gen 2)とし、2012年6月7日以降に作成されたストレージアカウントでは、このGen 2が利用されるそうです。

マイクロソフト独自のイーサネットファブリック実装

今回採用されたフラットなトポロジーのネットワークは、マイクロソフトリサーチが以前に論文「VL2: A Scalable and Flexible Data Center Network」(pdf)で解説したものの実装にあたります。このVL2では、従来の階層型のトポロジを持つネットワークをフラットなトポロジにすることであらゆるノード間の通信を高速に結ぶと共に、トラフィックのロードバランスおよび複数の経路を動的に選択できるECMP(Equal Cost MultiPath)の機能がネットワーク内に備わっているため、トラフィックが大きく変動しても安定して高速な通信経路を確保し、障害にも強く高い帯域幅を実現すると説明されています。

これはいまデータセンターのネットワークで注目されているイーサネットファブリックの考え方と同じであり、マイクロソフトは自社開発したイーサネットファブリックの実運用を開始したとみることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , Windows Azure , クラウド , ストレージ , ネットワーク



≫次の記事
2日間Software-Defined Network漬けになるイベント「SDN Japan」開催、参加登録開始
≪前の記事
AmazonクラウドがRuby対応、Elastic Beanstalkで。Java、PHP、Python、.NET、Ruby環境が揃う

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig