ジュニパー、今年できたばかりの新興SDN企業「Contrail Systems」を買収。SDN戦略へ踏み出す

2012年12月17日

ブロケードがOpenFlowに対応するロードマップを示し、Vyattaを買収するなど積極的なSoftware-Defined Network戦略を見せ、シスコも仮想ネットワークのvCiderを買収、さらにMeraki、Cloupiaと相次いで買収するなど、今年は大手ネットワークベンダがSDN戦略を明確にした年でした。そして、ジュニパーもついにSoftware-Defined Network戦略に踏み出す買収を発表しました

Juniper Networks to Acquire Contrail Systems - J-Net Community

買収を発表したブログでは、同社のエグゼクティブバイスプレジデント Bob Muglia氏が次のように書いています。

With this acquisition, Juniper gains SDN technology that augments our portfolio of products and services.

この買収で、ジュニパーは製品群やサービスを強化するSDN技術を得ることになる。

ContrailはBGPとXMPPを活用

ジュニパーが買収するのは、今年設立されたばかりのContrail Systems。元グーグル、元シスコ、そして元ジュニパーなどのネットワーク事業経験者によって設立され、SDNコントローラを開発していると伝えられています。

GigaOmの記事「SDN startup Contrail Systems gets $10M led by Khosla Ventures — Cloud Computing News」によると、その特徴はBGPとXMPPを用いた点に特徴があるとのこと。

Singla says that Contrail’s approach is different from its competitors because it is both more distributed and can interoperate with a greater variety of equipment because it uses both BGP and XMPP protocols.

CEOのAnkur Singl氏いわく、Contrailのアプローチは競合とは異なるとのことだ。その理由は、BGPとXMPPを用いたことで、さまざまな機器で構成された、より分散しつつ相互利用が可能な点にある。

XMPPといえば、リアルタイムなメッセージングプロトコルとして一時期注目されたプロトコルでした。ピア・ツー・ピア的なアーキテクチャを備えているのでしょうか。

いずれにせよジュニパーも本格的なSDN戦略を展開することになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Juniper , Software-Defined Network , ネットワーク



≫次の記事
W3CがHTML5仕様策定完了、勧告候補に。HTML5.1のドラフトも発表
≪前の記事
Windows Azureの優良顧客にはStorSimpleが無償で提供されるらしい

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig