Java EE7のPaaS対応は「新しい破壊的な力がある」──JavaOne 2012 Tokyoから

2012年4月11日 / 星 暁雄

JavaOne 2012 Tokyoのキーノートでは、OracleのJavaチームがJava EE7のPaaS(Platform as a Service)機能の概要を説明しました。エンタープライズJava分野では、ここ数年で最も大きな変化になるかもしれません。

Java EEはプラットフォーム自体がサービスとなる

JavaOne 2012 Tokyoは4月4日、5日の2日にかけて開催されました。その2日目に行われた「Technical Keynote」で、OracleのMike Keith氏(Enterprise Java Architect)はJava EE7のクラウド機能には「新しい破壊的な力」がある、と語りました。Java EEでは「プラットフォーム自体がサービス」となり「ビジネスのやり方自体が変わる」からです。

重要なことは、Java EE7は、複数のベンダーの賛同を得て開発される業界標準であることです。PaaSのテクノロジは今までシングルベンダーのソリューションが中心でしたが、Java EE7は一種の「クラウド標準」の地位を狙う、という姿勢です。

Java EE7が備えるクラウド対応の機能として、クラウド環境に対応した自動プロビジョニング、弾力的なスケールアップ、分離・隔離された同じアプリのインスタンスを異なる「テナント」のために使うマルチテナンシーを挙げています。また、クラウド環境では参加する人々の役割(ロール)が多く複雑になるため、それを意識した管理モデルを採用します。Java EE7のリファレンス実装は「GlassFish4」として2013年第2四半期に登場予定です。

Oracleはパブリッククラウドの提供を開始しています。Java EE7のクラウド対応機能は、やがてOracleのアプリケーションサーバーWebLogicに取り入れられ、Oracleが運営するクラウドで使われるようになるでしょう。

強味は「標準のJava」であること

JavaEEの強みは、なんといっても「標準のJava」であること、そしてJava EEベースのアプリケーションがすでに多数存在することです。Java EE7のPaaS機能が成功したなら、ユーザー企業が自社保有のシステムで稼働させていたアプリケーションをJava EE7ベースのPaaSへ移行するような動きが出てくるかもしれません。

fig クラウド環境に適合したプロビジョニング機能を提供
fig 柔軟な拡張性(Elasticity)を提供
fig マルチテナンシー機能を提供。マルチテナントを意識したリソース管理のイメージ
fig Java EEのリファレンス実装GlassFishのロードマップ。Java EE7対応のGlassFish4は2013年第2四半期ごろ登場予定
fig Java EE7のPaaSモデルの概念図。マルチテナントに対応し、実行環境はスケールアウトする様子を示している
fig Java EE7が想定するクラウド環境では様々な役割(ロール)を想定している

(著者の星 暁雄(ほし あきお)氏はフリーランスITジャーナリスト。IT分野で長年にわたり編集・取材・執筆活動に従事。97年から02年まで『日経Javaレビュー』編集長。08年にインターネット・サービス「コモンズ・マーカー」を開発。イノベーティブなソフトウエア全般と、新たな時代のメディアの姿に関心を持つ。 Androidに取り組む開発者の動向は要注目だと考えている)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , Oracle



≫次の記事
JavaFXをマルチプラットフォームUIとして再定義──JavaOne 2012 Tokyoから
≪前の記事
グーグルはOpenFlowをデータセンター間のネットワーク制御に使おうとしているのか

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus