富士通もIAサーバ、SSDストレージ、OS、データベースを垂直統合へ。約20倍の性能向上を実現と

2012年12月7日

ハードとソフトをベンダがあらかじめ最適に組み合わせた製品、いわゆる垂直統合製品がエンタープライズ市場でも1つのトレンドになっています。

オラクルが同社のサーバと仮想化ソフトウェア、OSなどを垂直統合した「Exadata」や「Exalogic」で成功すると、IBMも同社のIAサーバとソフトウェアを組み合わせた「Pure Systems」を今年の4月に発表し、垂直統合に参入してきました。

またある意味ではクラウドも、クラウドベンダによってハードからソフトまで垂直統合されたシステムによってサービスが提供されていると考えることができるでしょう。

垂直統合された製品は、その組み合わせをベンダに委ねる代わりに、製品の性能、安定性がベンダによって保証され、保守やトラブルシュートも一元化できるというメリットがあります。

富士通が垂直統合製品へ参入

その垂直統合された製品を、富士通が発表しました。自社製のサーバ、ストレージ、ネットワーク、そしてデータベースなどを組み合わせたものです。OSにはRed Hat Enterprise Linuxを、データベースのインターフェイスにはPostgreSQLを採用するなど、オープンソースも活用しています。

@ITの記事「富士通が「垂直統合型」ラインアップを発表:第一弾はOSSを活用したSymfoware+PostgreSQL」を許可を得て転載します。

富士通が「垂直統合型」ラインアップを発表:第一弾はOSSを活用したSymfoware+PostgreSQL

富士通は2012年12月6日、垂直統合型システム「Dynamic Integrated Systems」を発表した。第一弾として、データベースシステム「FUJITSU Integrated System HA Database Ready」データベースシステムを2013年3月より販売する。プロセッサにはXeon E5(2690番)を2基搭載し、データベースシステムのインターフェイスにはPostgreSQLを採用している。価格は6730万円(税別)。

fig FUJITSU Integrated System HA Database Readyの構成イメージ(出典:富士通の発表資料)

いわゆる「垂直統合型システム」では、用途に則してハードウェア/ソフトウェアともに、あらかじめチューニングが施されており、セットアップもあらかじめ設定されているベストプラクティスの構成・設定から選択するだけで動作させられる仕組みになっている。これにより、一般的なソフトウェアスタック型で課題となる、構成管理、個々のソフトウェア間での管理・設定の工数や処理性能向上の(ソフトウェア/ハードウェア的な)ボトルネックを解消できるとされているものが多い。

今回富士通が発表した製品も同様に、設置当日から運用が可能になる「スマートソフトウェアテクノロジー」が用意されている。バックアップやリカバリなどの運用も簡単に行える仕掛けが用意されており、ハードウェア障害などからの復旧もGUIからの操作で実施できるようになっている。

また、パフォーマンスについては、従来の一般的なソフトウェアスタック型データベースシステムと比較して最大で約20倍の性能向上を実現しているという。

最大で約20倍の性能向上を実現

インターフェイスにはPostgreSQLを採用していることから、PostgreSQL向けのパッケージ群をそのまま利用できる利点がある。同製品では、PostgreSQLのバージョン間の互換性を保証しているため、バージョンアップに伴うアプリケーション改修や運用変更といったソフトウェア資産上や運用上のリスクは避けられるという。

 富士通ではPostgreSQLのコミュニティに参画すると同時に、「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」との接続検証をRed Hatと共同で実施しているという。

 なお、従来のプライベートクラウド統合パッケージ製品「Cloud Ready Blocks」も、今後Dynamic Integrated Systemsの製品ポートフォリオに統合するとしている。

 同製品はPCIe規格のSSD(1.2TB)にデータベース本体を搭載して実行する。これにより、ディスクI/Oを削減するとともに、CPU負荷を低減、データベース側の処理に最大限のCPU性能を振り向けるチューニングを施しており、トランザクション処理が最大で20倍程度高速化されているという。

 システム全体の信頼性についてはSymfoware側に実装されていたミラーリング技術を採用し、システムの完全二重化を行う。富士通のストレージシステム「ETERNUS」の自動バックアップ機能と組み合わせることで、三重の冗長構成をとっている。

 システムの運用・管理は「Systemwalker」を採用している。監視機能のほか、バックアップ/リカバリについては、あらかじめ設定されているパターンを基に自動運用が可能になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  Red Hat , サーバ , リレーショナルデータベース , 富士通


次の記事
クラウドのストレージが相次ぐ値下げ合戦へ。Amazon、グーグルに続いてWindows Azureも値下げを発表

前の記事
VMwareとEMCが、Greenplum、Spring、Cloud Foundryなどを集めた新組織「Pivotal Initiative」を設立。PaaSとビッグデータに焦点


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig