Cassandra 1.1が登場。問い合わせ言語CQL、Hadoop統合、スケーラビリティなど改善

2012年4月27日

NoSQLの代表的なデータベースであるCassandraの新バージョン「Cassandra 1.1」がリリースされたと、The Apache Software Foundationが発表しました。2011年10月に最初の正式バージョンであるCassandra 1.0がリリースされてから半年で、Cassandra 1.1の登場となります。

The Apache Software Foundation Announces Apache Cassandra™ v1.1 : The Apache Software Foundation Blog

CassandraはオープンソースによるNoSQLデータベースで、分散処理に対応したスケーラブルな構造を備え、単一障害点(Single Point of Failer:SPOF)がなく、ノードを追加していくことで自動的に性能が向上していくという特徴を備えています。

キャッシュ、CQL、ストレージ、スキーマなど多数の改善

Cassandra 1.1では、キャッシュの改善、CQLのバージョンアップなどが含まれています。1.1を発表したブログから引用。

Apache Cassandra v1.1 features improved caching, revised query language (CQL –Cassandra Query Language– a subset of SQL), storage control, schema/structure, Hadoop integration/output, data directory control, and scalability.

Apache Cassandra 1.1では、キャッシュ、SQLのサブセットである問い合わせ言語CQLの見なおし、ストレージコントロール、スキーマ/ストラクチャ、Hadoop統合/出力、データディレクトリコントロール、スケーラビリティなどさまざまな改善が行われています。

また、Cassandraを利用している組織のリストがずらりと紹介されています。

Apache Cassandra is deployed at Adobe, Appscale, Appssavvy, Backupify, Cisco, Clearspring, Cloudtalk, Constant Contact, Digg, Digital River, Formspring, IBM, Mahalo.com, Morningstar, Netflix, Openwave, OpenX, Palantir, PBS, Plaxo, Rackspace, Reddit, RockYou, Shazam, SimpleGeo, Spotify, Twitter, Urban Airship, US Government, Walmart Labs, Yakaz, and more.

アドビ、シスコ、IBM、RackSpace、モーニングスター、PBS、米政府、Twitterなど有名企業の名前も並び、NoSQLも広く使われるようになったのだなあと感じさせます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  Cassandra , NoSQL , オープンソース


次の記事
PR:Oracle Exadataの性能を徹底的に絞り出す、NTTデータ先端技術が事前検証を開始

前の記事
VMware、仮想化ハイパーバイザのソースコードが盗まれたことを認める

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig