Big SwitchがOpenFlowコントローラ「Floodlight」をオープンソースとして公開

2012年1月24日

ネットワーク仮想化ベンダの米Big Switch Networksは、同社が開発したOpenFlowコントローラ「Floodlight」をオープンソースソフトウェアとして公開しました。

Floodlight OpenFlow Controller

Big Switch Networksは、OpenFlowの技術を利用してネットワーク仮想化ソフトウェアを提供する米国のベンチャー企業。Floodlightは以前からオープンソース化が伝えられており、今回それが実現したことになります。

FloodlightはBeaconのフォーク

FlodlightはオープンソースのOpenFlowコントローラとして公開されているBeaconのフォークであり、Javaで記述されています。

Big Switch Networksはこのソフトウェアを公開した理由を、以下のように説明しています

we developed a best-in-class controller platform that we use in our commercial product and one that can foster an ecosystem of Software-Defined Networking application development.

私たちはこのクラス最高のコントローラを開発しました。それは、私たちの商用製品として用いるとともに、Software-Defined Networking対応アプリケーション開発のエコシステム育成を可能にします。

So, we’ve decided to share Floodlight with the OpenFlow community and dedicate a team to maintain and enhance it.

だから、わたしたちはFloodlightをOpenFlowコミュニティとシェアし、チームを提供すると決断し、メンテナンスや拡張を行っていくことにしたのです。

OpenFlowは、ネットワークのスイッチングを行うための新しいアーキテクチャ。OpenFlowに対応したスイッチは、OpenFlowコントローラからの命令を受けて、通常のスイッチやルータのように振る舞うだけでなく、ファイアウォールやロードバランサーなどさまざまなネットワーク機能を実現できます。

このネットワーク機器に指令を出すOpenFlowコントローラは、Floodlightのようにソフトウェアとして実装されるケースがほとんどです。OpenFlowコントローラとして幅広い支持を得た製品が、ネットワークをコントロールする製品としての主導権を握ると見られており、現在さまざまなソフトウェアが登場しています。

Big Switch NetworksがFloodlightのオープンソース化を行った背景には、同社のOpenFlowコントローラを広めることがその狙いの一部にあると考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  OpenFlow , SDN , オープンソース , ネットワーク


次の記事
インテルのInfiniBand再参入で、InfiniBandは普及期を迎えるか?

前の記事
分散リアルタイムデータベース「SenseiDB」がオープンソースで公開。LinkedInのインフラとして開発


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig