ZendがAmazonクラウドでPHPが使えるPaaS「phpcloud.com」を発表

2011年10月27日

米Zend Technologiesは、Amazonクラウド上に構成されたPHP用のPaaS「phpcloud.com」を発表しました

Develop, Deploy and Manage PHP Applications in the Cloud

phpcloud.comは、「Zend Developer Cloud」と呼ばれる開発環境と、「Zend Application Fabric」と呼ばれる実行環境で構成されます。

Zend Developer Cloudは、開発用のサンドボックス機能やデバッグのためのトレース機能、開発者間の情報共有機能などを備えており、無料で提供される予定。

Zend Application FabricはPHPアプリケーションのモニタリングと管理機能を備えており、通常のPHPアプリケーションのまま、負荷に応じたオートスケーリング機能も提供するとのこと。

fig

Zend Application Fabricに対応したアプリケーションは、RackspaceやIBM SmartCloudなど、ほかのクラウドへもそのままデプロイし、実行が可能なのが特徴だと説明されています。

phpcloud.comは現在のところ招待制になっており、招待希望のユーザー登録を受け付けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  PaaS , PHP


次の記事
連載マンガ:Mr. Admin「情報システムの現実」

前の記事
NoSQLとHadoopを、オラクルは企業が使うデータベースとしてどう位置づけようとしているのか?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig