SAPが披露したSaaSの「Sales OnDemand」は企業内ツイッター内蔵。セールスフォースのライバルになるか?

2011年3月4日

SAPはドイツで行われたイベント「CeBIT 2011」で、現在同社が開発中のSaaS(Software as a Service)で提供されるSFA(Sales Force Automation)アプリケーション「Sales OnDemand」を披露しました。

SAP Previews Next Wave of On-Demand Solutions at CeBIT

SaaSによるSFAアプリケーション市場では、すでにセールスフォース・ドットコムが「Salesforce CRM」で大きなシェアを獲得し、マイクロソフトも「Dynamics CRM Online」を投入しており、SAPの「Sales OnDemand」はこれらと競合するサービスと位置づけられます。

SAPによると、Sales OnDemandの強味は同社の業務アプリケーションパッケージであるSAP Business Suiteとの親和性です。そしてSales OnDemandのコンセプトは「Facebook for business」で、画面を見るかぎりChatter機能を備えたSalesforce CRMに近いものになっています(Chatterは、セールスフォース・ドットコムCEO マーク・ベニオフ氏の「なぜエンタープライズソフトウェアはFacebookのようにならないのか」という考えの基に開発されたもの)。

Sales OnDemandがどのような機能を持つものなのか、同社のデモ画像から簡単に紹介しましょう。

最初の画面でフィードが表示され、ツイッターのように会話する

Sales OnDemandは「ヒューマン・セントリック」に機能が設計されているとのことで、以下がそのデフォルト画面。ツイッターやFacebookあるいはChatterのように、自分がフォローしている従業員、顧客、ドキュメント、レポートなどの情報がフィードとして表示されています。画面右側には、コンタクトリストとして従業員一覧も表示されています。ここでツイッターのように関係者とコミュニケーションが可能。

fig

フィード上の顧客名をクリックするか、顧客一覧から顧客をクリックすると、その顧客の情報画面にジャンプします。顧客の画面では基本情報のほかに、その顧客に関する最近のアクション、最近の売り上げグラフなどが表示されます。

fig
fig

企業内ツイッターは、Yammerやセールスフォース・ドットコムのChatter、そしてこのSales OnDemandをはじめ、マイクロソフト、オラクルなどもその機能を備えた製品を開発中ですが、先行するChatterやこのSales OnDemandの機能を見ると、単に人やグループ、ドキュメントをフォローするだけでなく、企業内外の関連する情報システムと連係することができて当然、という流れになっているようです。これにより、ユーザーごとのタイムライン(あるいはアクティブストリーム)が新たな企業内ポータルの位置づけになっていくのかもしれません。

独SAPの発表では、Sales OnDemandは、iPhoneやiPad、Android、BlackBerryなどのモバイルにも対応し、今年の第2四半期に公開を予定しています(日本でのアナウンスはまだないようです)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  SaaS , Salesforce.com , SAP , Twitter


次の記事
2011年2月のPublickey人気記事トップ10!「IT業界への5つのインパクト」「グーグルのテストのやり方」「jQuery Mobileでモバイル開発が変わる」

前の記事
[速報]ついにきた! Amazonクラウドの東京データセンターが稼働開始


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig