国民固有の「共通番号」、名称を政府が募集中

2011年3月1日

現在、政府・与党が検討している「社会保障・税に関わる番号制度」では、国民全員が固有の番号(共通番号)を導入する方向で議論が進んでいます。

国民の皆様から「共通番号」の名称を募集します

政府は24日、この共通番号の名称を募集すると発表しました。内閣官房のホームページの内容を引用します。

この共通番号は、行政機関ごとに保有している国民の情報が番号を通じて同一人の情報であることを確認するためのものであり、多くの諸外国で既に導入されている社会インフラと言えます。

このような共通番号の親しみやすい名称について、国民の皆様から募集いたします。

共通番号によるメリットとは

共通番号とICカードの導入で公共機関などでの情報の突き合わせが容易になり、次のようなメリットなどが生じると政府は説明しています。主なものを挙げます。

そのほか申告、届け出などの手続きも軽減されているとしています。しかし、プライバシーへの懸念をどう払拭するか、民間利用をどうするのか、なにより共通番号を導入しただけで政府の効率化が進むわけではなく、政府そのものの縦割りを解決するにはどうすべきかなど、まだ議論すべき点は多くあります。

共通番号の名称は「共通番号」の名称応募フォームから応募することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業界動向 / IoT / その他
タグ  セキュリティ


次の記事
Publickeyの媒体資料を公開しました

前の記事
開発とテストの融合こそゴール。続、グーグルはあれほど多くのソフトウェアのテストをどのように行っているのか?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig