日本IBMも国内データセンターでIaaSへ参入、1時間10円から

2011年4月8日

日本IBMは4月8日、企業向けのパブリッククラウドサービス「IBM Smart Business Cloud - Enterprise」を、千葉県の幕張データセンターから提供開始すると発表しました

Smart Business Cloud - Enterpriseは、クラウド上で仮想サーバやストレージなどのコンピュータリソースを利用できるサービス。いわゆるIaaS(Infrastructure as a Service)と呼ばれているものです。メニューからリソースを設定すると、10分程度で利用可能になると説明されています。

IBM 日本語対応の世界共通クラウド・サービスを国内DCから提供開始 - Japan

日本IBMの国内データセンターによるサービス開始に伴い、日本語を含む9か国語への国際対応と、世界中のどのデータセンターを利用した場合でも日本円で決済可能になりました。

また可用性を強化し、複数の仮想サーバを利用する場合、それらが異なる物理サーバへ配置される機能、1つの仮想サーバに2つのIPアドレスを割り振る機能などが追加されています。

価格は1時間あたり10円から

料金は1時間あたり10円からとされています。公開されている料金表(pdf)を一部抜粋して見てみると、予約なしでSUSE Linux Enterprise Serverのもっとも安いプランが1時間あたり10円になっています。

fig

仮想サーバの32ビット構成は以下。
コッパーは仮想CPU1.25GHz×1/メモリーが2GB/インスタンス・ストレージが60GB
ブロンズは仮想CPU1.25GHz×1/メモリーが2GB/インスタンス・ストレージが175GB
シルバーは仮想CPU1.25GHz×2/メモリーが4GB/インスタンス・ストレージが350GB
ゴールドは仮想CPU1.25GHz×4/メモリーが4GB/インスタンス・ストレージが350GB

インスタンスだけでなく永続的ストレージの利用は欠かせないでしょう。料金は以下のようになっています。

fig

このほかWebSphereやDB2、Lotus Dominoなどのソフトウェアがすぐに利用できるイメージや、VPNのオプションなども用意されています。

ちなみにAmazonクラウドの料金を見てみると、東京リージョンでLinuxのスモールインスタンス(1コア×1、1.7GBメモリ)が1時間当たり$0.10、ざっと1ドル85円として約8.5円。ラージインスタンス(2コア×2、7.5GBメモリ)が1時間当たり$0.40で約34円となっています。

エンタープライズ市場に強い日本IBMが国内データセンターによるIaaSの展開を開始したことで、ユーザー企業にとってクラウドがまた1つ、重要な選択肢として見えてくることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IBM


次の記事
オペラが無料のWebメール「My Opera Mail」を開始、Gmailと似た操作と画面

前の記事
グーグルが行っているビルドとテストの種類。続々、グーグルはあれほど多くのソフトウェアのテストをどのように行っているのか?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig