モジラ、GoogleをFirefoxのデフォルトサーチエンジンにする契約を更新

2011年12月21日

モジラは、グーグルとのあいだでGoogleをFirefoxのデフォルトサーチエンジンとする長期契約を更新したと発表しました。少なくとも3年以上続くとのこと。

Mozilla and Google Sign New Agreement for Default Search in Firefox | The Mozilla Blog

発表から引用します。

“Under this multi-year agreement, Google Search will continue to be the default search provider for hundreds of millions of Firefox users around the world,” said Gary Kovacs, CEO, Mozilla.

「この複数年契約の下、Google検索は引き続き世界中の数億人のFirefoxユーザーに対してデフォルトサーチエンジンとして提供されます」と、モジラCEOのGary Koavcs。

2週間前には寄付を求める動画も

モジラにとってグーグルとの契約は収入の大部分を占めるとされており、先月終了した契約が更新されるかどうか注目されていました。

モジラはまた12月4日に寄付を求める動画も公開していました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  Firefox , Google , Mozilla


次の記事
これからのデータセンターは熱くてサウナみたいになる! と、インテル

前の記事
ITエンジニアの3割はすでにスマートフォンやソーシャルアプリの開発経験あり?


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig