企業がお金を払ってサポートを受けているオープンソースソフトウェア、上位10種類とは。米オープンロジック

2011年2月8日

オープンソースソフトウェアを利用している企業に対して有償サポートを提供している米オープンロジック。同社がサポート対象としているオープンソースソフトウェアは500種類以上あるそうなのですが、その中からもっとも多く有償サポートが利用されている上位10種類のソフトウェアが発表されています。

Press Release: OpenLogic Launches Open Source Scanning and Governance for Agile Development

Java関係のツールがほとんど

その10種類とは以下なのだそうです。

こうしてみると、MySQLとSubversion以外はどれもJavaに関連したソフトウェアであることが分かります。しかもその多くは開発に関連するもののようです。

無償で提供されているオープンソースソフトウェアでビジネスをする手段として、サポートを有償で販売するというビジネスモデルがよく例に挙げられますが、(少なくとも同社の)有償サポートを多く利用するのはエンドユーザーよりも開発者であるという傾向がここからは見られるようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , オープンソース



≫次の記事
企業向けソフトウェアは「開発→実行→運用管理」から「クラウドの利用→結果報告」へと変わっていく。米ガートナー
≪前の記事
2011年1月のPublickey人気記事トップ10!「今年、IT業界はこうなる」「2011年はサーバサイドJavaScriptの年」「HTML5のオフライン機能」

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig