Windows AzureがNoSQL対応を推進中。MongoDBやMembaseなど対応へ

2010年11月15日

マイクロソフトが、オープンソースのNoSQLデータベースをWindows Azureに対応させようと活動しているようです。

NoSQLデータベースの1つ「MongoDB」が、来月にもWindows Azureへの対応強化を発表するとThe Registerの記事「Microsoft coaches NoSQL options for Azure cloud」で伝えています。

Microsoft coaches NoSQL options for Azure cloud • Channel Register

またこの記事によると、memcached互換のインメモリデータベースである「Membase」も現在Windows Azureへの対応作業を進めているとのこと。

VM RoleでWindows Azureのオープンソース利用にはずみがつくか

MongoDBはドキュメント指向のNoSQLデータベースで、オープンソースとして開発されています。JSONをベースとしたスキーマレスなデータモデルを採用し、多くのNoSQLデータベースがそうであるように、複数のサーバによるクラスタ構造により高いスケーラビリティを実現します。すでにWindows Azureで動作するとされていますが、さらにWindows Azureとの統合を高めているとのことです。

Membaseは、memcached互換のキーバリュー型データストア。memcachedとプロトコルの互換性を保証しつつ、高速かつ高いスケーラビリティを備えたデータベース機能を提供します。

こうしたNoSQLデータベースは、主にAmazonクラウドのようなLinux OSベースの仮想サーバの集合体によるクラウドを想定して開発、実装されています。一方で、Windows Azureは、Windows Server OSをベースとし、さらに仮想マシンがWebサーバに相当するWebRoleと、アプリケーションサーバに相当するWorkerRoleという2種類に分かれているなど独自のアーキテクチャを持つため、多くのNoSQLはWindows Azureには対応していません。

マイクロソフトはWindows Azureの発表当初から、オープンソースのブログCMSであるWordPressをWindows Azureに移植するなど、オープンソースに積極的なアプローチを続けており、今回のNoSQLデータベースへのアプローチもそうしたものの一環と思われます。しかし、Windows Azureでそうしたオープンソース系のソフトウェアが活発に利用されているかと言えば、まだ期待からは遠い状態でしょう。

その理由として、前述した独自のアーキテクチャが大きな要因となっていると思われますが、同社は先月、一般的な仮想サーバとなるVM Roleを発表。Windows Server OSベースですが、これでより汎用的なクラウドアーキテクチャをそのまま実装しやすくなりました。

これでWindows AzureにもAmazonクラウド並みにさまざまなオープンソースによるNoSQLなどの実装が盛んになるかどうか、今後が注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  Microsoft , Microsoft Azure , NoSQL


次の記事
EMCがNASストレージベンダのアイシロン買収を計画

前の記事
米Yahoo!もIE6のサポートを今年で終了と発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig