Twitter、急成長に対応するため独自のデータセンターを年内設置へ

2010年7月22日

Twitterは、今年後半に米ユタ州ソルトレイクシティに専用のデータセンターの開設を計画していると、Twitter Engineering Blogのエントリ「Room to grow: a Twitter data center」で明らかにしました。

The Twitter Engineering Blog: Room to grow: a Twitter data center

現在Twitterには毎日30万人ずつ新しいアカウントが作成されるほど急成長しており、それに対応するために新しいデータセンターを設置するとのこと。

新データセンターは電源や冷却装置まで含めてTwitter専用の施設として用意され、ネットワークやシステム構成などすべてのレイヤについてTwitter自身で管理できるようになる予定です。

Importantly, having our own data center will give us the flexibility to more quickly make adjustments as our infrastructure needs change.

重要な点は、自分たちのデータセンターによって、インフラストラクチャの変化に対して柔軟かつ容易に、すばやく対応できるようになることだ。

Twitterは現在、NTTアメリカのデータセンターを利用していますが、引き続きNTTアメリカとの共同作業を行い、24カ月以内にはさらにもう1つ独自のデータセンターを設置する計画があるようです。

TwitterもFacebookも独自データセンターを選択

Twitterは利用者の増加などによるトラフィックの急成長への対応に苦労してきました。同社はNTTアメリカのサービスを利用してきましたが、急成長に対応するために、インフラストラクチャから独自に管理できるデータセンターの構築を選択したことになります。Facebookも今年に入って独自のデータセンター構築を発表しており、急激にユーザー数を増やす両社は、同じ選択をしたといえそうです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Twitter , データセンター



≫次の記事
セキュリティを高めた「仮想化Firefox」を無償配布、デル
≪前の記事
SQLの都市伝説。マイケル・ストーンブレイカー御大が斬る!

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus