世界1600社のCIOが重要と考える技術、1位 仮想化、2位 クラウド、3位 Web 2.0

2010年1月21日

世界の41カ国約1600社のCIOに対する調査によると、いまの時点でCIOが重要だと考えるテクノロジーは、1位が仮想化、2位がクラウド、3位がWeb 2.0だとのこと。米調査会社のガートナーが発表しました

Gartner EXP Worldwide Survey of Nearly 1,600 CIOs Shows IT Budgets in 2010 to be at 2005 Levels

調査を担当した同社のMark McDonald氏は、「自前主義でヘビーなソリューションから、ライトウェイトなサービスへと技術の遷移が起きているところだ」とコメントしています。

1位から10位までは以下のようになっています。

1位 仮想化
2位 クラウドコンピューティング
3位 Web 2.0
4位 ネットワーキング、音声/データ通信
5位 ビジネスインテリジェンス(BI)
6位 モバイルテクノロジー
7位 データ/ドキュメントマネジメント、ストレージ
8位 サービス指向アーキテクチャ(SOA)、サービス指向アプリケーション
9位 セキュリティ
10位 ITマネジメント

またガートナーは発表の中で、昨年まで5年連続で1位だったビジネスインテリジェンスが今年5位に落ちたこと、2010年のIT予算はおおよそ2005年と同等レベル、と解説をしています。

企業内のWeb 2.0はこれから

3位に登場している「Web 2.0」は、キーワードとしては早くも古めかしくなってきていますが、企業の中でのWeb 2.0的なソーシャルアプリケーションはこれから本格化するといえます。

昨年、セールスフォース・ドットコムが企業内Twitter的な「Salesforce Chatter」を発表し、またグーグルはGoogle Waveのベータ公開を開始し、そして現在SAPがGoogle Wave対抗といわれる「12sprints」を、IBMが企業内Twitterのような「project Vulcan」を開発中といった状況は、CIOの考える重要なテクノロジーに対する主要ベンダからのレスポンスといえそうです。

また、クラウドが2位、仮想化が1位と、クラウドより仮想化が上位にきたのは、やはりCIOにとっては、いま所有している企業内のハードウェアリソースを仮想化の導入で効率化することのほうが、クラウドよりも関心があるのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド , 仮想化



≫次の記事
グーグルがMapReduce特許を取得。Hadoopへの影響は?
≪前の記事
Flashのエヴァンジェリスト、マイクロソフトへの転職を語る

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus