YouTubeが「IE6のサポートはまもなく終了します」、IE6を捨てられる日がついに来るか?

2009年7月16日

Internet Explorer 6でYouTubeのWebサイトを開くと、表題のようなメッセージがでるようになりました。日本語版でも表示されます。TechCrunch英語版スラッシュドット・ジャパンがすでに報じています。

fig IE6でYouTubeにアクセスすると「Internet Explorer 6のサポートはまもなく終了します」と表示される

Internet Explorer 6はHTMLの解釈がほかのWebブラウザと異なる点が多く、WebデザイナーたちはInternet Explorer 6を含めたクロスブラウザ対応にいつも苦労させられています。Internet Explorer 6を考慮せずにWebページを作成できたらどんなに楽かと、多くのWebデザイナーは思っているはずです。僕もPublickeyをデザイン中に何度もそう思いました。

このYouTubeの決断は、よりモダンなWebブラウザを普及させたいと考えるグーグルの意志の表れであることは間違いありません。

そして、この試みに対して多くのWebデザイナーが成功を祈っていることでしょう。いままでInternet Explorer 6をサポートするために費やされていた手間が必要なくなり、その分をより新しく生産的なことに使えるようになれば、Webの進化はさらに促進されるでしょう。

このブログPublickeyでのWebブラウザのシェアはFirefox 3.0がトップで26%、続いてFirefox 3.5で22%、そして3位がInternet Explorer 7で12%。第四位にInternet Explorer 6が入っており11%です。

Publickeyでは、Internet Explorer 6でもレイアウトが崩れず完全に見えるようにレイアウト変更時には必ずInternet Exploere 6での動作確認をしています。しかしシェアが5%以下になれば、そうした優先的な対応をやめて、レイアウトは崩れても内容は読める程度のサポートに切り替えてもいいと考えています。今後このシェアがどう変化するのか、注目していましょう。

関連記事

参考記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Webブラウザ , Web標準



≫次の記事
マイクロソフトが激戦に勝利したオフィススイート市場の歴史は、オンライン・オフィス市場でも繰り返すか?
≪前の記事
Office 2010モバイル版、iPhoneでもOfficeファイルを参照可能に(動画デモ付き)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus