Twitterは標準化を歓迎しない

2009年4月10日

利用者数の急増などであらためて注目されているTwitterですが、最近はTwitterクローンなサービスや、自分でマイクロブログを作るためのアプリケーションも増えてきました。

増え続けるTwitterクローン

Facebookは3月に行ったリニューアルで、Twitterのようなトップページに大胆に変更しました。mixiは昨年8月にエコーというサービスを開始し、シックス・アパートは先月、マイクロブログの機能を備えたMovable Type Motionをリリース。グーグルが買収したJaikuも先月オープンソースになりました。

Yammerは、登録したメールアドレスのドメイン名ごとにグルーピングしてくれるため社内情報も安心してつぶやける企業向けのマイクロブロギングサービス、WordPress Prologueは、やはりマイクロブログを作成できるWordPressのテーマです。そのほかにもマイクロブログに関連するサービスを並べてみます。

まだまだ僕が知らないものがたくさんあると思いますが、挙げればきりがないですね。

さて、これだけ多くのマイクロブログサービスがあって、しかもMovable TypeやWordPressやJaikuといったツールで誰でも自由に立ち上げることもできるとなれば、1人で複数のマイクロブログサービスに登録して使うこともあるでしょう。

しかし、複数のサービスが連携してくれる可能性はないのでしょうか? 相互運用性はどうなるのでしょう。

マイクロブログの相互運用性は実現可能か?

ご存じの通り、いまはマイクロブログ同士の相互運用性は基本的にありません。FacebookとTwitterのように、あるマイクロブログでのつぶやきを別のマイクロブログから参照できる場合でも、返事はできないわけです。

約1年前、しばしばダウンするTwitterの不安定さにいらだっていた利用者達は、マイクロブログの相互運用性についての議論をはじめましたが、現在のTwitterは以前より安定しており、そうした議論は下火になっているようにみえます。

相互運用性のための標準化の議論にはどんなものがあったのでしょうか。少し振り返ってみましょう。

約1年前、昨年5月のTechCrunchの記事では、RSSとインスタントメッセージ用プロトコルのXMPPを組み合わせを提案しています。また、多少時期がずれますがMicroblog.orgや、OpenMicroBloggingといった標準化を狙ったWebサイトも立ち上がりました。しかしいずれもほとんど実績らしいものはあげられていません。

Twitterにとって標準化は迷惑?

この1年で、Twitterによるコミュニケーションの重要性は飛躍的に高まりました。政府への抗議活動にも使われていると、昨日も報じられたばかりです。

企業向けにマイクロブログサービスを提供しているYammerのCEOは、3月15日付けのBBC Newsの記事で「われわれはe-mail 2.0を開発している過程にいるのだ(Social networks 'are new e-mail' | BBC NEWS)」と発言しています。これだけマイクロブログが流行している現在、この言葉には一定の説得力があります。

メールがネット上のインフラとしてあまねく広まっている理由として、標準化による高い相互運用性があげられます。彼のいうとおり、マイクロブログがメールのようにネットで不可欠なコミュニケーション手段になるとしたら、いずれ標準化の議論は避けて通れないでしょう。

しかし標準化して相互運用性が高まれば、いまTwitterに集中している利用者は、Twitter以外のサービスに移っても同じサービスを基本的には受けられることになるわけです。必死にスケーラビリティやアベイラビリティを向上させて多くのユーザーにサービスを提供しているTwitterにとってそれは、利用者の流出というデメリットはあっても、メリットはあるのでしょうか?

いまマネタイズの方法を探しているTwitterにとって、誰もが使っている不可欠なサービスだけれども、それを提供しているのはTwitterただ1社である、という状態が最も望ましいはずです。

そう考えると、少なくともいまはTwitterが積極的に標準化の議論をはじめるとも思えませんし、そうした議論があったとしても参加する可能性は低いでしょう。それに、いまのところ標準化の声が再び盛り上がる気配は感じられません。当面、Twitterは我が道を行く、ということになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IT業界動向 , Twitter



≫次の記事
IBMとマイクロソフト「未来のIDEはWebブラウザで動く」
≪前の記事
Salesforce CRM レビュー ~ SaaSの代名詞ともいえるアプリケーションの営業支援機能を試す

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig