キャンプ場で開催「Ruby DCamp」は参加費無料。テントで宿泊費も無料

2009年9月14日

先週、島根県でRubyWorld Conference 2009が開催されたばかりですが(関連記事)、今週の9月18日、19日には米ワシントンDCでRuby DCampが開催されます。しかもこのRuby DCamp、昨年はホテルを会場として開催されましたが、今年は名前の通りキャンプ場で開催し、参加費、宿泊費は無料になるとのこと。InfoQの記事「経済に挑戦するRuby DCamp」が伝えています。

fig Ruby DCampのWebページ

さっそくRuby DCampのWebページを見てみましょう。こう書いてあります。

Ruby DCamp will be free as in beer. No charge. None. Nix. Nein. Nyet.
Ruby DCampは、ビールをおごるみたいに無料で開催されます。お金はいりません、不要、なし、全然いりません。

この経済状況の中、キャリアチェンジを真剣に考えている人たちにも参加してもらおうと、主催者が参加費を無料にする方法として選択したのが、キャンプ場でイベントを開催する、ということ。

figfig 会場となるBull Run Regional Park。ここでRubyistたちの熱いイベントが開催される(同公園のWebページから許可を得て転載)

そこで今年のRuby DCampの開催地は、ワシントンDCに面したバージニア州にあるBull Run Regional Parkになりました。参加費が無料なだけではなく、テントなどが用意されているため宿泊費も無料だそうです。

The cost of attendance, therefore, will be the cost of your airfare or tank of gas to get to the park.
参加するのにかかる費用は、このキャンプ場まで来るための飛行機代やガソリン代だけです。

開催地がキャンプ場ということは、イベントも野外で行われることになります。とはいえ主催者はキャンプ場内に大型テントを借りる予定で、電源や無線LANも用意されるとのこと。

Ruby DCampのWebページには、イベントの内容や誰がスピーカーとして登場するのか、といった情報はありません。Ruby DCampは「参加者が内容とスケジュールを決めるRubyistのためのイベント」だからだと、InfoQの記事でカンファレンスの主催者Evan Light氏が説明しています

いったいどんなイベントになるのでしょうか。日本から参加する方がもしいらっしゃれば、ぜひレポートを拝見したいところですね。

Ruby DCamp会場となるBull Run Regional Parkでのキャンプの様子(Ruby DCampではもっと広い会場とテントが用意されることと思いますが......)
by http://www.flickr.com/photos/n4zpt/ / CC BY-NC-ND 2.0

関連記事 on Publickey

参考記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Ruby


次の記事
没後55年、チューリング博士に対し、イギリス政府が過去の不当な扱いを謝罪

前の記事
デスマーチからの脱出方法は?、Twitterが規約改定ほか。ITNewsWeekend 2009年9月12日号


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig