エンタープライズシステム開発のアンチパターン「スーパーセット地獄」

2009年5月22日

「スーパーセット地獄」というのは、ドイツの企業AOK Systemsのアーキテクト Thorsten Franz氏が、ブログ「Notes from the Ivory Tower Part 5: Enterprise Software Anti-Pattern "Superset Hell"」で示している、やってはいけないエンタープライズシステム開発としてのアンチパターンの1つ。

このスーパーセット地獄に堕ちると、ソースコードはIF文のジャングルとなり、構造は複雑になりすぎて説明できなくなり、なぜそうなっているのかと関係者に聞くと「歴史的経緯によってこうなっている」という答えが返ってきて、メンテナンスが困難になる。という恐ろしいものだと、Franz氏は解説しています。

こういう状況、いろんなところで発生してはいませんか?

Franz氏のブログを参考に、なぜスーパーセット地獄への不幸な道のりが始まるのか、簡単に紹介しましょう。

ビジネスパートナーを管理するための業務アプリケーションを設計することになりました。このアプリケーションを中心として、他のさまざまなアプリケーションが連携する可能性があります。それらの要件をまとめたところ、次のような要件が寄せられました。

この要件を、中心となる業務アプリケーションでアプリケーションですべて満たそう、というアーキテクチャを採用したときに、「スーパーセット地獄」が始まるというのです。実際には、アプリケーション横断的なコアコンポーネントは共通部分だけを提供するサブセットで設計すべきだと、Franz氏は説いています。

そしてスーパーセット地獄に進まないためのアドバイスとして、アプリケーション横断的なコンポーネントでは、各アプリケーションの要求が重なる部分の機能を提供することをいちばんに挙げており、続いて技術的な純粋さを追求する、といったことを挙げています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : システム開発



≫次の記事
SAP ERPをミクシィが導入すると費用は約5150万円。 誰でも見積もり可能なツールをなぜSAPが公開したのか
≪前の記事
Java版AppStoreが登場、詳細は6月のJavaOneで

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus