検索ボックスはもっと目立つ位置にあっていい

2009年5月12日

Yahoo!ニュースで先日、検索ボックスがWebページの目立つ位置に移動するという大胆なリニューアルが行われました。

検索ボックスは多くのサイトで、比較的邪魔にならないところに配置されていることが多いものです。ところが先日、「Yahoo! Japan Tech Blog」にYahoo!ニュースの検索ボックス位置が変更になったというエントリ「Yahoo!ニュース高速化へのサイトデザイン側からのアプローチ (Yahoo! JAPAN Tech Blog)」が掲載され、左上の目立つところに移動したことが報告されました。

検索ボックスは、リニューアル前はページの右側にありましたが、アメリカのYahoo!が行ったアイトラッキングの調査で、利用者がニュースを読むときには逆N字型の目線でニュースを読んでいることが分かったので、この調査結果を参考にし、より存在に気づきやすい左側に移動しました。

上記のエントリから図を引用します。左が変更前、右が変更後です。

fig 左が以前のYahoo!ニュース。検索ボックスが右上にあった。右が新しいレイアウトになったYahoo!ニュース。ロゴの下の目立つところに検索ボックスが移動している

僕自身、Webページのどの位置に検索ボックスを置くのかは、Webサイトを設計するたびに悩んでいます。便利な位置に置いた方がいいのではないか、と思う半面、使わない人にとっては目立つところに置いても邪魔になるだけです。それに、Webページごとに検索ボックスの位置が変わってしまうとユーザーインターフェイスの統一性に欠けてしまいます。

多くのサイトを見てみても、検索ボックスは右上やサイドバーの中など、比較的無難な場所に収まりがちです。このPublickeyでも検索ボックスをもっと使いやすいものにしたいと考え実験的にインクリメンタルサーチ機能を組み込んでいますが、それでも位置はいろいろ考えて右上になってしまいました。

それだけに、今回のYahoo!ニュースが目立つ位置に検索ボックスを持ってきたことは大胆なレイアウト変更のように感じています。と同時に、検索ボックスはもっと利用者に使ってもらっていいものとして積極的に前面にだしてもいいのだというYahoo!のオピニオンのようなものを感じました。次回、Publickeyのリニューアルの時にも検索ボックスを大胆な位置に移動するよう検討してみたいと考えています。

関連記事 on Publickey

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Webサイト運営記



≫次の記事
パッケージソフトからSaaSへと主戦場が変わるCRM市場
≪前の記事
HTML5の標準化で表面化したSQLの非互換性問題

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig