[速報]マイクロソフトのPDC09開幕、Windows Azureで仮想マシンが実行可能、アジアにデータセンター開設

2009年11月18日

マイクロソフトの開発者向けプライベートイベント「PDC09」が米ロサンゼルスで開幕しました。同社のクラウドとしてWindows Azureが発表されたのが昨年のPDC。あれから1年が経過し、今年のPDCでは同社の本格的なクラウド戦略が明らかになろうとしています。

日本時間の18日午前1時半から行われた初日のキーノートスピーチでは、Windows Asureに関連する以下の主な項目が発表されました。

(11/18追記:Windows Azure Virtual Machineは少なくとも当初は特定のロール専用で、Amazon EC2のように自由には内容をインストールできないようだ、という情報がありました)

これらが紹介されたキーノートの模様を、ライブストリーミングの画像からダイジェストで紹介しましょう。

PDC09 初日のキーノートスピーチ:ダイジェスト

fig

最初に登場したのは、すっかりマイクロソフトの顔となった同社のチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏。昨年発表したWindows Azureがどのように進化しているのか、このPDCで紹介すると宣言。

fig

Windows Azureの今後の予定は、1月に製品ローンチ、2月から課金予定。

fig

Windows Azureの新機能として、仮想マシンをサポートすると発表。インスタンスの種類は最小で1.6GHzの1CPU/1.75GBメモリから、最大で8CPU14GBメモリの4種類。これにより、既存のWindows Serverアプリケーションが簡単にWindows Azureで動作するようになる。

fig

そして、Windows Azureのストレージを、リモートの上記の仮想マシンからNTFSドライブとしてマウント可能になる「Azure XDrive」発表。それ以上の詳細は語られず。

fig

新たに立ち上げられたWebサイト「Microsoft Pinpoint」では、専門家や企業、アプリケーションなどを顧客が見つけるためのマーケットプレイス。すでに公開が始まっている。また、コード名「Dallas」として、データのマーケットプレイスも開始。NASAのデータ、あるいはAP通信のニュースなどが提供されている。

fig

レイ・オジー氏に続いてキーノートスピーチのホスト役として登場したのは、サーバー&ツールビジネス担当プレジデントのボブ・マグリア氏。

fig

同社の検索エンジンであるBingチームがデータセンターで行っている「Auto Pilot」を紹介。これはサーバが故障した場合、それを発見、置き換え、そして復帰が行われるのを自動化している。Windows Azureではこれをゼネラライズしているという。

fig

1970年代から10年ごとにコンピューティングは新しい時代を迎え、そして来年2010年からはクラウドの時代となる。

fig

マイクロソフト上級エンジニアのドン・ボックス氏は、これまでWindows Azureを利用してくれた開発者がくれたフィードバックに対して、マイクロソフトからの返答を紹介。

fig

Windows AzureならCプログラムでローレベルなプログラミングができる。高速に動作するCGIだって書ける。ポインタも扱えるし、なんとアセンブラだってコンパイルできるぜ!

fig

続いて、SQL Azure Data Syncの紹介。SQL Server Management StudioからSQL Azure Data Syncを起動、これでクラウド上にあるSQL Azureと、自社のデータセンター内のサーバで稼働しているSQL Serverとのデータ同期がファイアウォール越しで可能になる。

データを同期しておくことで、例えばデータセンターのサーバが落ちたときのフェイルオーバー先としてSQL Azureを利用したり、サーバ性能を超える処理要求がきたときにWindows Azureをセカンダリのデータセンターとして利用することができる。

fig

マイクロソフトは現在、こうしたWindows Azureと企業のデータセンター間でのデータ同期や、またWindows Azureアプリケーションからデータセンター内のSQL Serverへ接続するなど、両者間のさまざまな接続について「Project Sydney」と呼んで取り組んでいる。

fig

続いてはAppFabricの発表。AppFabricとは.NET Frameworkの上に構築されたサービス群であり、キャッシュ、ワークフロー、モニタリング、サービスバス、サービスホスティング、アクセスコントロールなどを実現する。これはWindows ServerとWindows Azureの両方のプラットフォームに対応するもの。

fig

そしてWindows Server(図の左側)とWindows Azure(図の右側)は一貫した同様のレイヤ構造を持つ。開発者はVisual Studioという開発環境により、1つのコードでWindows Azure、Windows Serverの両方のプラットフォームで動作するアプリケーションを開発でき、またMicrosoft System Centerによって両方を管理することができる。一貫したアプリケーションモデルだ。

fig

それぞれの製品の予定は以下の通り。

fig

マイクロソフトはWindows Azureのインフラ投資を世界中に行っていく。アジアでは2010年にシンガポールと香港にデータセンターの構築を予定している。

fig

初日のキーノートスピーチをダイジェストで紹介しました。明日2日目のキーノートスピーチでは、Windows Server関連のソフトウェアとして、分散メモリキャッシュ、分散アプリケーションサーバなどが発表されると予想されています。2日目のキーノートスピーチもダイジェストで紹介する予定です。

追記(11月30日):Windows Azure XDriveについて誤った記述が含まれていたので、内容の一部とタイトルを変更しました。元のタイトルは「[速報]マイクロソフトのPDC09開幕、Windows Azureを仮想ドライブに、クラウドで仮想マシンも実行可能」でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , Windows , Windows Azure



≫次の記事
Internet Explorer 9が今晩発表されるかもしれない
≪前の記事
スタートアップがやってはいけないこと10+1

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus