マイクロソフトのHyper-V R2が無償ダウンロード開始。その他のハイパーバイザの無償ダウンロードも併せて紹介

2009年8月29日

マイクロソフトがWindows Server 2008 R2の目玉機能の1つとして開発していたハイパーバイザのHyper-V Server 2008 R2(以下Hyper-V R2)が、無償でダウンロード可能になりました。いつもマイクロソフトの最新情報を教えてくれるMary Jo Foley氏のブログで真っ先に報じられています

Hyper-V R2は、それまで機能的にほかのベンダと比べて劣っていたマイクロソフトのハイパーバイザを、競合ベンダの製品と十分に戦えるだけの能力を持った製品に押し上げる役目を担っていました。これまでのメディアの報道をみるかぎり、同社はそれに成功したといえそうです(参考:VMware社は次のNovell社になるかもしれないとするGartner社と、VMW株は下落するとするReuters社(20090707-9) - Virtualization.info)。

ダウンロードの詳細 : Microsoft® Hyper-V™ Server 2008 R2

Hyper-V R2はマイクロソフトの以下のページからダウンロード可能になっています。

Hyper-V R2のいちばんのセールスポイントは、ある物理サーバで稼働中の仮想マシンを、稼働中のまますばやく別の物理サーバへと移動できるライブマイグレーション機能です。また、最大64個の論理プロセッサをサポートし、稼働中のストレージの追加、変更の対応などもサポートされました。下記の記事がHyper-V 2.0を詳しく解説しています。

ハイパーバイザの無償ダウンロードページ

サーバ向けのハイパーバイザは、現在では主要ベンダすべてが無償で提供するようになっています。下記にマイクロソフト以外の主要ベンダによるハイパーバイザの配布ページを紹介しましょう。

関連記事 on Publickey

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , 仮想化



≫次の記事
優れたエンジニアになる方法と、その知識を伝達する方法
≪前の記事
インテル、並列化ソフトウェア企業を買収ほか、ITNewsWeekend 2009年8月28日号

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig