Amazonクラウドを自前で作れるオープンソース「Eucalyptus」、エンタープライズ版登場でVMwareにも対応

2009年9月11日

Eucalyptusは、Amazon Web Servicesで提供されているAmazon EC2、S3、EBSといった機能やAPIと互換性を持つクラウド環境を構築できるオープンソースのソフトウェアです。もともとはカリフォルニア大学サンタクララ校で開発され、現在ではEucalyptus Systemsがメンテナンスを行っています。

オープンソース版のEucalyptosは、Linux上で稼働し、ハイパーバイザとしてXenとKVMをサポートしています。

エンタープライズ版がEucalyptus Systemsから登場

Eucalyptus Enterprise Edition | Eucalyptus Systems Inc

9月9日にEucalyptus Systemsは、Eucalyptusの商用版「Eucalptus Enterprise Edition」(EEE)を発表しました。Enterprise EditionではハイパーバイザーにXenとKVMに加えてヴイエムウェアのVMware ESX/ESXiをサポート、vSphereにも対応と発表されています。

これを用いて社内のデータセンター内にクラウドを作成すれば、複数のハイパーバイザーが混在していても同一の方法で管理できるようになりますし、プライベートクラウドとAmazonクラウドが同じAPIで操作可能になります。両方のクラウドを連係あるいは並行して運用したいと考えている企業にとってはメリットとなるでしょう。

3日前に公開したエントリ「レッドハットも「メタクラウドAPI」に参入。クラウドAPIの競争が燃え上がる」でも書きましたが、プライベートクラウドとパブリッククラウドをシームレスに連係させるために、すべてを同じAPIで操作しようというさまざまなアプローチが、いま同時多発的に発生しています。このEucalyptos Enterprise Editionも、そうした現象の1つだといえるでしょう。

関連記事 on Publickey

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド



≫次の記事
ビデオ会議の最高峰「テレプレゼンス」は等身大の相手を映し出す
≪前の記事
「HTML5」は「HTML5」であるとW3CとWHATWGが合意

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus