米国ではプロのブロガーが45万人? WSJのコラムから

2009年4月23日

にわかには信じられませんが、ウォールストリートジャーナルMark Penn氏のコラム「America's Newest Profession: Bloggers for Hire」によると、米国ではブログを本職とする人数が、プログラマーやバーテンダーを抜いて45万2000人となったとのこと。

America's Newest Profession: Bloggers for Hire

このコラムでは、米国内のブロガーは全体で約2000万人。そのうち170万人はブログから何らかの収入を得ており、45万2000人はそれを主要な収入源にしていると主張しています。その論拠となるリンクも原文同様のままで以下に引用しました。

The best studies we can find say we are a nation of over 20 million bloggers, with 1.7 million profiting from the work, and 452,000 of those using blogging as their primary source of income.

この数字を米国労働局による職業別人口と比較すると、45万2000人という人数は消防士、CEO、プログラマー、バーテンダーより数が多く、弁護士に迫ろうとしているそうです。米国では弁護士がうようよいる、という僕のイメージからすると、本当だとしたら驚異的にも思えます。

One out of three young people reports blogging, but bloggers who do it for a living successfully are 2% of bloggers overall. It takes about 100,000 unique visitors a month to generate an income of $75,000 a year.

Penn氏の分析によると、若者の3人に1人はブログをしている一方で、それで生活できているのは全体の2%ほど。彼らのブログは1カ月に10万ユニークビジターを獲得し、年間で750万円程度の年収を得ているそうです。なかなかの年収ですね。

Pros who work for companies are typically paid $45,000 to $90,000 a year for their blogging. One percent make over $200,000. And they report long hours -- 50 to 60 hours a week.

そして企業に雇われているブロガーはおおむね450万円から900万円程度の収入をブログから得ており、わずか1%のブロガーは2000万円以上を得ていますが、彼らは週に50時間から60時間の長時間労働をしているとのこと。

Almost no blogging is by subscription; rather, it owes it economic model to on-line advertising.

有料のブログはほとんどなく、広告モデルがブログの収入源だそうです。

Bad Stats: Are There Really Almost As Many Professional Bloggers As Lawyers?

しかし、このコラムに対してRead Write Webは「Bad Stats: Are There Really Almost As Many Professional Bloggers As Lawyers?」という記事で疑問を呈しています。

10万ユニークビジターで750万円の年収というのは、テクノラティの最新の調査結果である1000インプレッションでの平均収入が1.2ドル(約120円)とは計算が合わないじゃないかというのがその論拠。

argues that it "takes about 100,000 unique visitors a month to generate an income of $75,000 a year." Given that Technorati's latest State of the Blogosphere, where Penn gets this number from, reports that the mean CPM (that is, the income per 1,000 ad impressions) that U.S. bloggers are getting from advertising is around $1.20.

また、170万人がブログから収入を得ているというのも、ブログからの収入ではなく、ブログを理由とした収入、という調査結果であって、正確な引用ではないとしています。

says that 1.7 million bloggers 'profit from their work.' This number, however, comes from a statistic on the Blog World Expo site, which doesn't even quote a source for this number, and which doesn't even say that 1.7 million make money from their blogs, but that 1.7 million list making money as a reason to blog.

シリコンアレイインサイダーも、このウォールストリートジャーナルのコラムを取り上げて「とても信じられない」と書いています。

U.S. Now Has Almost As Many Paid Bloggers As Lawyers

Not sure where Mark's getting that 100,000 uniques get you $75,000 a year figure. Sounds awfully high. We also have a hard time believing that nearly 500,000 people make a living blogging. But it's sure to encourage another 500,000 people to try. Most will die.

10万ユニークビジターで750万円の年収があるとは思えない。とても高すぎる。それに、50万人近くの人がブログで食べているなんて信じられない。50万人が挑戦しようとしている、というなら分かるが。ま、多くは失敗するだろうけれど。

「Most will die」には同意します。厳しいですね。

関連記事 on Publickey

関連記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : ブログ , メディアの未来



≫次の記事
MySQL 5.4、オラクルのInnoDBが性能向上に貢献
≪前の記事
「Agile Japan 2009」開催! どうすればアジャイルが日本で普及するのか?

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus